お知らせ

2022.12.08

教育通信を掲載いたします~教育通信第90号~

 2022年10月21日(金)にがん研有明病院 看護部スタートレベル研修がおこなわれました。

 

【研修内容】

 臨床推論

 ・コミュニケーション

 

 ~参加者の感想~

  直前の勤務で状態が悪化した患者さんの症状の変化が呼吸状態だったため、

   タイムリーな講義であり明日からの勤務に活かせる内容で興味深かった。

 

  *呼吸状態をアセスメントする際にSP02の値を重要視していたが呼吸数を

   アセスメントすることが大事とわかったため今後は注意してみていきたい。

 

  *臨床推論について学び、患者の情報から仮説を立て、目的をもって患者さんを

   観察し、アセスメントし報告することの重要性を改めて学ぶことができた。

 

  臨床推論の講義を聞いて、何のために何を観察するのか意味を持って

   患者さんのもとへ行くよう以前先輩に指導して頂いた経験を思い出しました

 

  *コミュニケーションを患者と取る際に、患者がどのような状況に
   置かれているかを踏まえて、コミュニケーションをとることが大切であること
   を学ぶことができた
 
  患者とのコミュニケーションに関して、看護師の都合で患者に看護を
   押し付けてはいけなく、患者の意思を尊重した看護を日々しなくては
   いけないと感じた
 
  
  


アソシエイトプリセプター研修

 2022年11月15日(火)にがん研有明病院 看護部アソシエイトプリセプター研修がおこなわれました。

 

 ~参加者の感想~

   *支援者ミーティング等ではプリセプティの課題にフォーカスが当たることが
    多いが、支援者側の課題を検討していくことも大切という意見が心に
    残ったので、今後この気付きを活かしていきたいと思う
 
   *経験学習サイクルに基づき指導を行い、スタートレベル看護師の
    気持ちを大切にしていこうと思います。共に成長できるような
    関わりを目指し、自分の課題ともしっかり向きあっていきたいです。
 
   *スタートレベル看護師がどんどん成長していく中で、それに応じて
    求めてしまうことも多くなってきているなと思いました。
    まずは本人たちの存在を認め、まだ入職して6ヶ月という思いで、
    寄り添っていくことが大切だと改めて実感しました。


プリセプター研修

 2022年12月6日(火)、12月9日(金)にがん研有明病院 看護部プリセプター研修がおこなわれました。

 

 ~参加者の感想~

  プリセプターを通して自分が成長したこと

  患者さんやご家族への接し方の見本となれるように自分の言動、行動を
   振り返ってより良い看護が提供できるようになった。

 

  *プリセプターとしてプリセプティを通し病棟やまわりまで視野を広げる
   ことができた。

 

  *プリセプティの手本になれるよう自分の日頃の態度や勤務内での行動、
   姿勢を振り返る機会が増えた
 

  *新人看護師を気にかけるようになった。自分も手本になるような行動を

   取ろうと心がけるようになった。

 

   

 

   

   


新採用者既卒者研修

 2022年12月5日(月)にがん研有明病院 看護部新採用者既卒者研修がおこなわれました。

 

 ~参加者の感想~

   患者さんの入院までの流れ、関わりを学ぶことが出来、
    継続看護の大切さ、情報収集の取り方を学べ、業務の必要性を理解出来た。
 

   *院内ルールや多職種との関わり方など研修での学びがあり業務理解に

    繋げることができた良い機会でした。