看護部について

看護部長メッセージ

副院長・看護部長

清水 多嘉子

「一人一人の努力とプロ意識で作られています」

当院にいらっしゃると、とてもゆったりした穏やかな雰囲気を感じて頂けると思います。
それは看護師が高い知識・技術のみならず、高い意識を持って仕事をしている成果でありプロとしての努力の結晶だと考えています。
慌ただしい中で患者さんは思いを表出できなかったのではないか…何人もの看護師のそのような辛い経験もあえて引き継ぎ、自分達の働き方につなげています。
また当院は専門看護師や認定看護師はもちろん、それ以外にも専門性の高い看護師が多いため、基本的看護技術と共に先進的ながん看護を学び実践できる環境にあります。
私的な経験も専門職としての知見も全て総動員して目の前の患者さんのためにできることを毎日繰り返し検討する中から、自分自身も成長し、また次の患者さんが更に納得のいく治療を受け、納得できる人生や生活が送れるように支援していきたいと願っています。
この病院の雰囲気を共に守りながら、患者さんの期待に応えられる信頼される看護を実践したい。そんな方をお待ちしています。

看護部の基本方針

がん研究会有明病院の看護職員は、病院の理念と基本方針に基づいて、がん医療を必要とする人々に最適な医療を提供する多職種チームの一員として、患者の視点を重視した全人的な看護を提供するために、以下の基本方針のもとに活動します。


  • 患者さんを全人的にとらえ、個別的・継続的な看護を実践します
  • 患者さんの人権を尊重し、安全かつ質の高い看護を実践します
  • 多職種チームの一員として、責任を果たします
  • 品格があり、自立した行動がとれる人間性豊かな看護職員を目指します

看護部の目標

  • 基本的看護実践能力および、がん看護における実践能力を高め、患者に適切な看護を提供する。
  • 他部門、他職種、他施設との連携強化および病棟・外来継続看護の充実に向けて主体的に取り組み、チーム医療の成果を患者に提供する。
  • 基本的なルール順守の意義・目的の理解を深めると共に確実な実践に向けて取り組み、安全な医療・看護を提供する。病院方針の実現に貢献する。
  • 病院方針の実現に貢献する。

看護体制

一人の看護師が一人の患者さんを責任を持って受け持ち、入院から退院まで一貫した看護ケアを行うプライマリーナース制度を基本に、チームメンバーであるそれぞれの受け持ち看護師が、チームリーダーのもと看護チーム体制を組み、互いに支援しながら継続した看護を行う「固定チーム継続受け持ち制」を採用しています。
看護師の責任が明確になり、仕事の満足度が高くなることで個々の主体性や自立性を育て、また、固定メンバーで継続した看護を行うことによって、患者さんの視点に立った質の高いケアを提供することが目的です。


固定チーム継続
受け持ち制

7:1看護

電子カルテ
NANDA-NIC-NOC

看護方式

  • 固定チームは原則3チームとする。
  • チームにはチームリーダーとサブリーダーを置き、メンバーも一定期間固定する。
  • チームの受け持つ患者一人ひとりに受け持ち看護師を決め、入院時から退院時まで責任を持ち、継続した看護を提供する。
  • それぞれのチームは、チームリーダーが中心となり、受け持ち看護師を支援する。
  • 固定したリーダーおよびメンバーは、担当する個々の患者および患者グループの看護に責任を持つ。
  • チームリーダーの不在時は、サブリーダーがその役割を果たす。